新型高周波装置のご紹介

新型高周波装置のご紹介


<主な特徴(弊社装置比)>
・従来高周波装置では実現できなかった広帯域の周波数を1台でカバーできる装置となります。
・広帯域周波数を自動追従できる様に従来のシステムを改良しました。
・本体1台で周波数違いの整合装置を切り替えて数台コントロール可能になりますので
 大幅なコスト削減となります。

<装置概略仕様>
周波数可変可能帯域:3KHz~100KHz位迄
高周波出力    :10kw~120kw位迄
加熱ワーク    :Cu、アルミ、SUS、その他金属
加熱環境     :大気、真空、雰囲気(アルゴン・窒素)
用途       :溶解、焼き入れ、焼き嵌め、ロウ付け、鍛造加熱、他研究開発用途

※詳細仕様等は準備が整い次第、順次アップしてゆきます。